講師プロフィール

 
■ 東 克章
  • 東歯科医院
    熊本県熊本市中央区北千反畑町1-1
    TEL:096-343-3357
    http://www.higashi-shika.com/
  • 略歴
    • 1978年 日本歯科大学卒業
    • 1978年 東京医科歯科大学第二保存学教室医員
    • 1981年 東京医科歯科大学第二口腔外科教室医員
    • 1982年 山内歯科診療所勤務(親子診療)
    • 1985年 東歯科医院開業
    • 1992年 日本歯周病学会認定医取得
    • 1999年 日本歯周病学会指導医取得
    • 1999年 歯学博士
    • 2003年~東京医科歯科大学非常勤講師(歯周病科)
    • 2004年10月 歯周病専門医
      現在  日本歯周病学会常任理事
  • 所属
    • スタディグループ KDM(熊本デンティストミーティング)
  • 論文
    • 重度慢性歯周炎の症例における治療計画の立て方 日本臨床歯周病学会会誌 第32巻第2号 日本歯周病学会 2014.12.31
    • 症例報告レビュー:広汎型重度慢性歯周炎患者に根面デブライドメントを行い改善した1症例 日本歯周病学会誌第57巻第2号 日本歯周病学会 2015
    • 熊本地震復興支援特別講演「歴史が示す歯周病は治療から予防の時代へ」、ヤン・リンデ名誉教授による特別講演  ザ・クインテッセンスVol.37 クインテッセンス出版株式会社 2018年
    • 重度歯周病症例で歯根膜を保存する意義 歯界展望Vol.122 歯界展望 2013.8
    • Ⅲ度の根分岐部病変を含む重度歯周病症例のメインテナンス 歯界展望Vol.122 歯界展望 2013.12

 
■ 林 康博
  • 林歯科医院
    熊本県菊池市108
    TEL:0968-24-4182

  • 略歴
    • 昭和29年9月生まれ
    • 昭和54年3月 福岡歯科医大卒業
    • 昭和54年4月 広島県呉市「辰川歯科医院」勤務
    • 昭和56年4月 熊本市「緒方歯科クリニック」勤務
    • 昭和58年12月 熊本県菊池市にて開業
      現在に至る
  • 所属
    • 日本歯周病学会
    • 日本口腔インプラント学会
    • スタディグループ KDM(熊本デンティストミーティング)
  • 論文
    • 1994年歯界展望02月号 総合的歯科医療とその課題「歯科治療における治療の目的と審美的配慮とのバランス」
    • 2003年歯界展望09月号 インプラント補綴では予後不安な歯を抜歯すべきか
    • 2008年歯界展望11月号 残存歯・残存歯列を守るためのインプラント
    • 2013年歯界展望01月号 インプラントとどう向き合うか? 「長期経過症例から探る臨床の方向性」
    • 2016年歯界展望02月号 インプラントと天然歯:その連結の是非 「平均10年経過 63補綴装置の臨床統計」
    • 2017年歯界展望01月号 天然歯を守る「Modified Widman Flapを行った症例の21年の経過観察」

    • 2012年補綴臨床03月号 プラークコントロールの次に来る課題
    • 2013年デンタルハイジーン07月号 ”プラコンの力”前編 「動機づけの難しさ」
    • 2013年デンタルハイジーン08月号 ”ブラコンの力”後編 「メインテナンスの効果を考えよう」

  • 著書
    • 知っておきたい「力」のこと(牛島 隆、森本達也、熊谷真一、市川哲雄 共著) 2010年04月 デンタルハイジーン別冊 医歯薬出版
    • 歯科衛生士のためのX線写真 (栃原秀紀、松田光正、熊谷真一 共著) 2011年04月 デンタルハイジーン別冊 医歯薬出版
    • 力を診る(市川哲雄、森本達也、熊谷真一 共著) 2012年12月 補綴臨床別冊 医歯薬出版

 
■ 永田 省蔵
  • (医)永田歯科クリニック
    熊本市中央区帯山4丁目57-5
    TEL:096(385)1182
    http://www.nagatashika.net

  • 略歴
    • 1955年2月生まれ
    • 1979年 日本歯科大学卒業
    • 1980~1985年 熊本市栃原ビル歯科診療所勤務
    • 1985年   熊本市にて開業
    • 2005年  現在地に新築移転
      現在に至る
  • 所属
    • 2003〜 日本臨床歯周病学会指導医
    • 2004〜 Kavo Japan補綴セミナー(福岡・東京)主宰
    • 2007年度, 2014年度日歯生涯研修講師
    • 2010~2017大阪大学大学院歯学研究科顎口腔機能再建学講座 非常勤講師
    • スタディグループ KDM(熊本デンティストミーティング)
  • 論文
    • パーシャルデンチャーのための病態診断 見る目が変わる! 「欠損歯列」の読み方,「欠損補綴」の設計 81~91,
      パーシャルデンチャーのための予後の診断 見る目が変わる!「欠損歯列」の読み方,「欠損補綴」の設計 102~113,クインテッセンス出版, 2013.1
    • 欠損歯列の評価とリスク予測̶「上減の歯列」の術後経過とその問題点から補綴手法を考えるー 日本補綴歯科学会誌第5巻(1),28~33.2013.1
    • 『欠損の始まりと咬合の様相~歯列に加わる“力の要因にも目を向ける』 ~2014年度日歯生涯研修セミナーの内容から 日本歯科医師会雑誌68(2):99~108, 2015.5
    • “見えない力”を見るブラキシズムのみつけ方&アプローチ ブラキシズムのタイプとその特徴 308~312,デンタルハイジーンVol.36 No,3 2016.3
    • 下顎遊離端欠損への対応 パーシャルデンチャーのPitfallと回避策35 93~107,日本歯科評論/別冊 2016.5
    • 対顎に対する必要な回復度から, インプラント数, 支台装置を考慮する 補綴臨床別冊 知っておくべきインプラントオーバーデンチャー108~119,医歯薬出版,2016.12
    • 有床義歯臨床の疑問に答える「可徹性支台装置は何が良いのか?」  日本補綴歯科学会誌第9巻(3),199~204.2017.7
    • 頬や舌を咬む,118~119. 困ったときにSEOAPで解決有床義歯トラブルシューティング  永末書店2018.2
    • インプラントを用いて欠損歯列を修復した一症例  日本補綴歯科学会誌第10巻(2),171~174.2018.4
    • その他文献等
  • 著書
    • BASIC PERIO(共著:北川原健・佐々木勉・千葉英史・永田省藏)1999,医歯薬出版
    • BASIC PERIO(共著:北川原健・佐々木勉・千葉英史・永田省藏)2002,医歯薬出版
    • ブラキシズム~歯ぎしり・噛みしめは危険! (共著:牛島 隆・栃原秀紀・永田省藏・山口英司) 2008, 医歯薬出版
    • 患者さんに喜ばれる少数残存歯症例のトリートメント 著:永田省藏  2011,医歯薬出版

  • その他 文献・著書・ビデオ

 
■ 栃原 秀紀
  • 栃原歯科医院歯科医院
    熊本市下通 1-10-28 栃原ビル 5F 
    TEL:096-352-3315
    http://tochihara.biz/index.html

  • 略歴
    • 1959年10月11日 熊本市生まれ
    • 1984年4月 松本歯科大学卒業
    • 1984年6月 熊本市桜町添島歯科医院勤務
    • 1988年5月 栃原ビル歯科診療所勤務
    • 1989年6月 栃原ビル歯科診療所継承
    • 1994年1月 栃原歯科医院移転開業
      現在に至る
  • 所属
    • 日本歯周病学会
    • 歯周病専門医
    • スタディグループ KDM(熊本デンティストミーティング)
  • 論文
    • 2013.11月 歯界展望 インプラントとどう向き合うか?「欠損の流れとインプラント」医歯薬出版社
    • 2015.5月 歯界展望 シリーズ天然歯を守る「遊離端を回避する」医歯薬出版社
  • 著書
    • 「ブラキシズムー歯ぎしり・咬みしめは危険ー」
  • 編著
    • 「歯科衛生士のためのX線写真パーフェクトBOOK」

  • その他 講演・論文・ケースプレゼンテーション

  •  
    ■ 松田 光正
    • 松田歯科医院
      熊本県天草市栄町10-35
      TEL:0969-22-2432
      http://1933matsuda.com/

    • 略歴
      • 1960年生
      • 1985年  東京歯科大学卒業(90期生)

    • 所属
      • 日本歯周病学会 歯周病専門医
      • 日本口腔インプラント学会 専門医
      • 日本補綴歯科学会会員
      • スタディグループ KDM(熊本デンティストミーティング)
    • 論文
      • 日本歯科医師会雑誌9月号 インプラントを支台としたパーシャルデンチャーの経過から 一世出版
      • 歯界展望 2016年5月号 「天然歯を守る」17年を経過した侵襲性歯周炎からの考察 医歯薬出版
      • ザ クインテッセンス 2015年Yearbook 「二次固定によるクロスアーチスプリントを選択した重度歯周炎の16年」 クインテッセンス出版
      • 歯界展望 2013年12月 インプラントとどう向き合うか? 最終回「パーシャルデンチャーの中のインプラントに求めたもの」 医歯薬出版
      • 歯界展望別冊 2013年5月 10歯前後欠損症例の「読み」と「打つ手」 医歯薬出版
      • 歯界展望 2013年3月号 第120回日本補綴歯科学会学術大会 「パーシャルデンチャーを活かす診断と設計」  インプラントを支台としたパーシャルデンチャーの臨床 医歯薬出版
      • ザ クインテッセンス 2012年12月 Guest Editorial 「今こそ若手に伝えたい、パーシャルデンチャーによる欠損補綴の意義と技術」 クインテッセンス出版
      • ザ クインテッセンス 2012年2月/3月 インプラントを支台としたパーシャルデンチャー クインテッセンス出版
      • 歯界展望 2012年2月 パーシャルデンチャーを活かす診断と設計 1  医歯薬出版
      • デンタルハイジーン別冊 2011年4月  X線写真パーフェクトBook 医歯薬出版
      • QDT 2011年1月~6月号 臨床に生かすパーシャルデンチャー クインテッセンス出版
      • その他論文・文献など

    • その他 講演・講話・ケースプレゼンテーション など

     
    ■ 山口 英司
    • 新外レッツ歯科
      熊本県熊本市東区新外2-2-18
      TEL:096-360-3900
      http://www.lets-shika.com/

    • 略歴
      • 1973年5月生まれ
      • 2000年3月/ 九州歯科大学卒業
      • 2006年7月 熊本市開業 新外レッツ歯科
      • 2015年9月 医療法人レッツ会

    • 所属
      • スタディグループ KDM(熊本デンティストミーティング)
    • 論文
      • 2016年 歯周治療における咬合力をコントロールするためのエビデンスとテクニック CASE4 ブラキシズムの対応2 (一次固定,2次固定の考え方) 日本歯科評論
      • 2015年 “見えない力”を診る!-ブラキシズムのみつけ方&アプローチ第2回患者さんのブラキシズムに気づこう! デンタルハイジーン
      • 2015年 『10歯前後欠損症例の「読み」と「打つ手」(仮題)』 歯界展望別冊
      • 2012年 長期経過症例から探る臨床の方向性 第3回 インプラント周囲組織の力に対する反応と経過不良例 歯界展望
      • 2012年 長期経過症例から探る臨床の方向性 第5回 臨床における歯根膜の意義を見直す 歯界展望
      • 2011年 若手歯科医師によるCase Presentation 咬合高径(下顎位)の設定に苦慮した症例 歯界展望
      • 2011年 歯科衛生士のためのX線パーフェクトBOOK これでカンペキ!撮影補助&臨床応用 X線写真の保管 デンタルハイジーン別冊
      • 2008年 ブラキシズム歯ぎしり・咬みしめは危険! 医歯薬出版 2008年7月刊行
        その他多数